無料外壁診断で確認しずらい個所も7.5m伸びる凄い自撮り棒(Bi Rod 6G)で細かく撮影します!

凄い自撮り棒で劣化箇所が無いか調査
うれシーサー

無料の外壁診断って実際どのぐらいまでちゃんと調べてくれるの?

玉城

はい、当店では塗膜検査、外壁浮検査、クラック検査(ひび割れ)、コンクリート 剥離の検査などプロの外壁診断士が細かく無料でチェックさせて頂いております。詳しくは下のページをご覧ください。

あわせて読みたい
外壁診断士が住宅を細かく調査!補修・塗替えのチェックポイントを紹介 そろそろ家のペンキ塗り替えしようか迷うさぁ。 どこか建物で気になるところが出てきたんですか? う~ん。実はコンクリートに小さなヒビ割れがいくつかあってね。それ...

建物診断にかかる時間は一戸建ての場合で1時間半~2時間。アパートや共同住宅の場合ですと2日間かかる場合もございます。

うれシーサー

結構細かく診断してくれるんだね♪

玉城

はい、さらに当店では凄い自撮り棒を使って、建物の見えずらい個所まで細かくチェックする事が可能になっております!

うれシーサー

凄い自撮り棒って何?

玉城

はい!最大7.5m伸びるので、足場を作らないと見えない箇所などにもこの凄い自撮り棒を伸ばして撮影する事で、コンクリート劣化箇所などが無いかを撮影する事ができるんです。

目次

凄い自撮り棒(Bi Rod 6G)

劣化箇所が無いか調査

工事が始まった後に足場を組んで、初めてひどい劣化箇所が判明するというのはよくある話です。無料診断をして見積もりの段階で、その劣化箇所が判明しない内に契約をしてしまうと、後で追加料金を請求されるという事もよく聞く話です。

当店の場合は、最初の無料診断の段階で、見えずらい個所も凄い自撮り棒を活用して細かくチェックを行っております。

うれシーサー

なるほどね。それはいいね!無料診断で見えずらい個所も最初で細かくチェックしてもらえるなら建物の状態もしっかり把握できるしね。

玉城

はい、無料の診断とはなりますが、当店では手を抜かずに細かくチェックを行っております。実際に使っている凄い自撮り棒の使い方をご紹介しますね。

凄い自撮り棒(Bi Rod 6G)の使い方

STEP
まずは凄い自撮り棒(Bi Rod 6G)にカメラを取り付けます。
先端にカメラを設置
STEP
診断したい箇所に凄い自撮り棒を伸ばします。
見えずらい個所に凄い自撮り棒を伸ばす
STEP
手元のスマホで画像を確認、撮影します。
手元のスマホで撮影

高所の見えずらい個所もしっかり診断!

コンクリート剥落

屋根裏でも大活躍!

屋根裏も撮影可能

実際に凄い自撮り棒で撮影した屋根裏の雨漏り写真

屋根裏の雨漏り
玉城

特に雨漏りをしていて原因を特定する場合に、足場を組まないと見えない箇所や屋根裏でハリがあって目視できないなどの場合にはとても重宝しています。

うれシーサー

なるほどね。雨漏りはしっかりと原因突き止めないと対処できないからね。ほんとに凄い自撮り棒やっさー♪

玉城

はい!当店では工事はもちろん当たり前ですが、無料診断からしっかりと調査させていただきます!

うれシーサー

やさ!しっかり頼むよ!

玉城

はい!建物の無料調査・診断はお任せください!

無料調査・お見積書をお出ししますが、その後の強引な営業は一切行っておりませんのでご安心ください。

電話問合せ
目次
閉じる